女の人

一棟買いの不動産投資にかかる税金や利回りに関する基礎知識 

長期的に留守にする時に

女の人

転勤や出張などで長期的に自宅を留守にする場合は、住宅をリロケーションとして賃貸にだすと良いでしょう。賃貸物件として運用することで、家賃収入を得ることができます。住宅ローンが残っている場合は、家賃収入から返済分に充てると良いでしょう。リロケーションは借り手にとってもメリットが豊富です。グレードが高い住宅に安い賃料で住めることや、契約更新時の費用がかからないという利点があるため、入居者が決まりやすいのです。空き室になる期間もないので、安定した家賃収入が期待できるでしょう。リロケーションを利用する際は、不動産会社の利用が勧められます。賃貸契約手続きといった業務を代行してもらえるため、作業にかかる手間もありません。また、家賃トラブルや近隣トラブルといった問題にも介入する必要がないため、住宅の賃貸における心配も解消されるのです。
住宅は長い間、無人の期間が続くと劣化が急激に進行します。特に水道管といった水回りは、サビが発生すると修繕に高額の費用がかかるのです。しかし、リロケーションとして他の住民に生活を送ってもらうことで、住宅設備の維持に繋がります。出張期間を終え、帰任する時も不動産会社へあらかじめ帰任時期を伝えておくことで、元の住宅にスムーズに戻れます。築きあげてきた近隣住民との関係性も継続できるため、元の生活にすぐ順応できるでしょう。長期的の留守ということで、住宅の売却を検討する人も沢山いますが、リロケーションという手段があることも頭に入れておくと良いでしょう。