女の人

一棟買いの不動産投資にかかる税金や利回りに関する基礎知識 

立地条件によって考慮する

車

使用していない住宅や、老朽化が進んだ住宅は解体工事を施して駐車場として利用すると良いでしょう。駐車場経営はわずかなスペースでも有効活用ができるため、経営に乗り出す人の数も増えつつあります。駐車場経営を行なう際は、月極駐車場やコインパーキング、立体駐車場といった駐車場の種類を選ぶ必要があります。特に立体駐車場は、限られたスペースでも多くの自動車が収容できるので、売上高が期待されるでしょう。しかし、立体駐車場は多くの設備を搭載するため、多額の工事費用を用意する必要があります。初期コストを抑えたい人は、コインパーキング会社のサービスを利用すると良いでしょう。コインパーキング会社では、ロック板や精算機といった設備工事にかかる費用を負担してもらえます。また、コインパーキング開業後の運営・管理作業も全て一任できるので、作業の手間もかかりません。
その他のメリットとしては、安定した収入の確保が言えます。月極駐車場などでは、契約者の増減によって収入の額も変動しますが、コインパーキングでは土地を一括借り上げしているので、固定賃料を毎月受け取ることが可能になるのです。もし、コインパーキング内でトラブルが発生した場合も、大手のコインパーキング会社であれば、24時間体制での対応が可能です。また、大手のコインパーキング会社であれば、利用者のから信頼も高いので利用率の高い駐車場経営が行なえるでしょう。駅前などの立地であれば、駐輪場として工事を行ない経営するのも効果的です。