女の人

一棟買いの不動産投資にかかる税金や利回りに関する基礎知識 

作業の手間が省ける

集合住宅

収益物件を運用する際は、購入する物件の選択などは不動産会社のサービスを利用すると良いでしょう。不動産は立地などによって、価格や運用方法が大きく変わります。そのため、豊富な知識を持った専門家のサポートが重要になるのです。マンションを購入する際は、新築マンションや中古マンションかによって、利回りが異なります。高額の購入資金が必要となる新築マンションは、入居率によっては多額の負債を抱える恐れがあります。そのため、不動産投資初心者の人には、中古マンションの購入がおすすめなのです。築10~15年程度の中古マンションは、劣化部分にリフォームを施すだけで収益物件として利用できます。長期的なローンの返済に備えて、ランニングコストがかからない方法を選択しましょう。
マンション管理には、大きな手間がかかります。特に住宅の清掃や設備のメンテナンスといった作業は、常日頃から行なうことが求められるため作業の負担が大きいのです。その際は、マンション管理会社を利用すると良いでしょう。マンション管理会社では住宅環境のメンテナンスだけではなく、運用にかかる作業を代行してもらえます。特に不動産運用に関わる空き室問題は、マンション管理会社に対応を任せたほうが良いでしょう。入居者募集広告は、個人で行なうと費用がかかってしまいます。しかし、広告ツールを有しているマンション管理会社では、効果的な広告を自社で発信できるため、余計な出費が抑えられるのです。