貯金箱

一棟買いの不動産投資にかかる税金や利回りに関する基礎知識 

長期的に留守にする時に

女の人

出張などで自宅を長期的に留守にする際は、自宅を売却する前にリロケーションを検討しましょう。留守期間中、賃貸物件として貸し出すことで、家賃収益を得ることができます。

Read

立地条件によって考慮する

車

空き地を有効活用する際は、駐車場経営が効果的です。大手のコインパーキング会社では、工事や運営にかかる費用を負担してもらえます。駅前などの立地では、駐輪場として経営するのも効果的です。

Read

ランニングコストを考慮

男女

一棟買いの不動産投資を行なうにあたって、基本的な知識への理解を深めておく必要があります。特に利回りに関しては、不動産の運用方法に大きく関係するので、正確に把握しておきましょう。
一棟買いの不動産投資には、多額の費用が必要になるためローンを利用する人が多いでしょう。利回りには、表面利回りや想定利回り、実質利回りといった種類によって、様々な算出方法に分類されます。利回りを正確に考慮した上で、購入する物件を決定しないと運用リスクが大きくなるので注意が必要です。一棟買いの不動産投資における利回りの相場として、築浅物件で、4~5%、古い物件で5~6%となります。
税金に関しての知識を持っておくことも重要です。不動産を所有すると、固定資産税が発生します。固定資産税は住宅の評価によって金額が異なるので、不動産会社のサービスを利用して事前調査を行なうと良いでしょう。また、都市計画の対象となっている市街地区域にある不動産には、都市計画税が課税される可能性があります。自治体によって課税額は異なりますが、物件収益の有無に関係なく課税される税金になるので注意しましょう。もちろん、物件収益が増えれば、所得税も高額になります。そのためにも、確定申告時の損益通算の申告を忘れないようにしてください。固定資産税や減価償却費などの経費が収入を超えた際は、給与所得などから赤字分が差し引かれます。そのため、節税対策として非常に効果的なのです。長期的な運用が求められる一棟買いの不動産投資は、ランニングコストを考慮した上で選ぶことが大切です。

作業の手間が省ける

集合住宅

利用者離れを防ぐためには、日ごろからマンション管理を徹底することが求められます。清掃や設備のメンテナンスは個人で行なうには負担の大きい作業です。そのためにも、管理会社の利用が勧められます。

Read